0

映画の音楽

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 作り方

・映画の音楽

映画音楽とは映画の中で流される曲のことを言います。映画の作品を通して貫かれているメインとなる信念や、その登場人物の気持ち、性格、それぞれのシーンが音楽で表現されていますので、映画音楽は映画を製作する上ではとても大事なことなのです。映画音楽は、製作前からあらかじめ決められていることもありますが、映画によってはシーンが出来上がってからぴったりの曲を見つけてきてそれを起用することもあります。最初から映画に使うと決まっている曲がある場合もあります。映画と音楽の製作が前後することも多いでしょう。

・映画音楽の選び方

映画を製作する際は映画音楽を選ぶ必要があります。シーンを見てから映画音楽を選んでもいいと思いますし、企画段階から、ここではこのような音楽を流すとあらかじめ音楽も企画の1つとして決定していてもいいでしょう。映画音楽はメインテーマなども必要ですし主題歌的なものもあったほうがいいかもしれませんね。そういった曲があることによって映画全体の音楽の統一が出来るのです。

・映画音楽専門の作曲家

映画音楽専門の作曲家というのが世界には存在しています。日本にも多くいるのですが、あの映画のあの曲を作ったのはこの人だというように、それぞれの映画に、そしてそれぞれの国に映画音楽専門の作曲家が存在しているのです。音楽については、映画制作のクラウドファンディング等で資金を集めて成功すれば、有名作曲家に頼むことも可能です。
映画音楽は映画に花を添える大事な存在ですから、映画のシーンを考えるのと同様にしっかり製作段階で検討しなければいけません。

 
0

映画の撮影

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 作り方

・映画撮影は大変

映画撮影は大変なことばかりです。映画撮影を行うとなればスタッフ総出で撮影に望みますし、それは撮影しやすい時期だけではありません。季節によっては寒い日の撮影もありますし、暑い日の撮影もあるでしょうから、映画撮影というのは大変なことばかりなのです。そしてスムーズに撮影をすることが出来ればいいのですが、スムーズに撮影が進まないこともあります。日によっては時間が押している、いいシーンが撮れなかったということもありますので、撮り直しを余儀なくされることもあるのです。

・映画撮影場所

映画撮影が行われる場所は、監督や、その原作を書いた人のイメージなどを元にして決定されることが多いです。映画撮影場所がそのシーンにぴったりの場所であるかどうかは事前にロケハンにいってチェックをしています。ロケハンにいってから構図を考えた上で撮影を行っているのです。

・映画撮影秘話

映画が撮影し終わって上映し始めたころから、映画撮影秘話などといわれる映画を撮影していた当時のエピソードが俳優から語られたり、監督やスタッフから語られることがありますね。これらの映画撮影秘話は、見ている人からすれば見た後に聞いても、見る前に聞いてもとてもその映画を見る目を変えることにもなりますので、ファンにとってはたまらない話です。映画撮影秘話を知ってから見る映画は大変さや苦労を知りながら見ることが出来ますし、映画を見てから知った話は、そうだったのかともう一度映画を見たくなるほどではないでしょうか。”

 
0

映画俳優

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 作り方

・映画俳優の仕事とは?

映画俳優といえば映画に出てきて役を演じるのが仕事です。これは見ていると簡単そうで単純な仕事だと思えてしまうかもしれませんが、多くの映画俳優はその役になりきるためにかなり努力を日々行っています。私たち見る側としては演技をしている俳優を見ることはあっても、俳優がその演技をするために日々どのような努力をしてきたのか知ることはないですね。俳優・女優さんはプライベートから自分を変えるようしており、友人は身なりから整えて、結局エルメスバッグ買取のサイトで買ったものを売っていましたwよく目に見えて努力をされている映画俳優では、役作りをするためにやせた、または太った、体を鍛えたなどという話を聞きます。また英語が話せなかったのにはなせるように努力をしたとか、場合によっては髪型も変えなければいけないこともあるかもしれません。役になりきって演じる映画俳優の仕事はかなりハードで大変な仕事です。

・映画俳優になるためには?

映画俳優になりたいと思ったらどうすればいいのでしょうか。日本には映画俳優というのはそれほどいません。ハリウッド映画の場合はハリウッド映画にしか出演しない映画俳優が多くいますが、日本は映画だけに限定して出演している人は少なく、ドラマ、テレビ、雑誌などほかの仕事も出ている人が多いので、映画俳優と呼ばれる存在は今の日本にはいないのかもしれません。

・映画俳優への道

映画俳優になりたかったら、オーディションを受けて合格して映画俳優への道を一歩ずつ登る、または芸能プロダクションに所属をして映画俳優になる、テレビドラマや雑誌のモデルから映画出演の話がきて映画俳優になるなど道はいろいろとあります。”

 
0

映画批評

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 仲間

・映画批評サイト

映画批評サイトを見れば、お金を無駄にすることがないですね。映画批評サイトでは映画批評家が多く映画を見てその批評をしてくれているので、実際にこれから見に行こうと思っていた映画は面白いのかどうかなどを調べることが出来ます。前評判では面白いといわれていたけど実際いってみたらまったくつまらない映画だったなんてことはないですか?せっかく1800円のお金を社らっているのに、見た映画がつまらなかったら残念ですから、映画批評サイトを見てチェックしてから見るといいかもしれませんね。

・映画批評家とは

映画批評家は、映画が好きでいろいろな映画を見て批評をしている人たちのことです。いろいろな人がいてテレビで映画批評をしている人もいれば雑誌やインターネットのみで活躍している人もいます。職業が映画批評家という人もいますが、精神科医が本業の人、インタビューアーが本業の人、新聞社文化記者が本業の人、映画ライターの人などいろいろな人が映画を見て批評していますから参考になるのではないでしょうか。

・映画批評家のブログ

映画批評家が映画を見た感想を読みたいと思った人はブログを見てみるのもいいかもしれません。映画批評家は沢山いて活躍をしていますが、それぞれに今はブログをやっている時代ですからそれを見ればかなり参考になるのではないでしょうか。ブログをチェックして面白い映画、評判がいい映画だけをピックアップして映画館にいったり、DVDでレンタルすれば損したりすることはなくなりますね。”

 
0

映画サークル

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 仲間, 作り方

・全国にたくさんある

映画サークル、これは全国にたくさんの種類の映画サークルがあります。日本全国都道府県ごとに映画サークルがありますし、大学や地域で映画サークルを立ち上げて運営していることもあります。映画サークルは各地にありますので、参加したいと思っている人は、まずは自分が参加できるような立地で映画サークルが展開されているのかどうかを調べてみるといいでしょう。インターネットで映画サークルと検索しただけで各地の映画サークルがヒットします。

・映画サークルで行われていること

映画サークルで行われていることはそれぞれの映画サークルによっても、内容は若干違っていると思いますが、主に映画を見るのが映画サークルです。見逃した作品、新聞などで紹介されていたが公開されなかった作品、見たいと思っていたけど見ることが出来ない作品、大きなスクリーンで見たいあの映画など、それぞれが語り合ってみたい作品を決めて上映しています。

・映画製作サークル

映画サークルの中には上映をして映画を見るサークルもあれば、自分たちで映画を作る映画製作サークルもあります。自作の映画を作りたいと思っている人ばかりが集まり、企画をして撮影、そして上映までを楽しむサークルです。映画製作サークルに集まっている人は俳優になりたい人、監督をやりたい人、カメラマンになりたい人などそれぞれ役割を持って参加しているので、それもまた楽しい集まりです。映画が基本的には好きだという人ばかりが集まっています。”

 
0

クラウドファンディング

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 資金

・クラウドファンディングで映画資金集め

今クラウドファウンディングで資金を集めていろいろなことを成功させている人が増えてますが、映画製作費用をクラウドファウンディングで集めて映画を作製しているところも増えています。世界のクラウドファウンディング市場の総額は2000億円を越えている時代ですが、欧米では、すでに映画をクラウドファウンディンぐで製作した事例も増えています。

・映画製作を成功させるコツ

クラウドファウンディングによって映画製作を成功させるためにはコツが必要です。最初に予算をちゃんと見積もって具体的なイメージを作らなければいけません。そして集めたお金でどんな映画を製作するのかそれを明確にする必要があります。実現できるのかどうかがわからなければ出資者も出してくれません。短い物語でなぜ自分がその映画を作りたいと思ったのか、その熱意を出資者に語る必要あります。

・成功した人から学ぶ

実際にすでに映画製作をクラウドファウンディングで成功させている人も多いかと思いますので、実際に成功した人から、どのような流れで成功させたのか、それを学ぶことが大事です。成功した人というのは、成功した何か明確なものがあったはずです。出資が集められてきてどんどん段階が進んできたら、少し対象を広げることも大事です。どのように変化をつけていくのか、そこまで準備できていれば対象が広がるだけで出資してくれる人がかなり増える可能性があります。”

 
0

映画の動画

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 作り方

・映画動画がネットで

昔だったらありえないことだったかもしれませんが、今は映画動画がネットで見られる時代です。そしてこの映画動画は有料で見ることが出来るサイトもあれば、無料で見ることが出来るサイトもありますから、インターネット接続環境と、そしてパソコンがあれば誰でも映画動画を手軽に見ることが出来るようになりました。手軽に映画動画を見るには、パソコンをインターネットにつないでそして検索をしてみるのが一番です。本編を見ることもできますし、予告だけ見ることも出来るので手軽です。

・有料のサービス

月額いくらか支払えば映画動画をいつでも見ることが出来るサービスを提供しているところもあります。このシステムを利用すればこれまではレンタルビデオなどを利用しなければ家で映画を見ることが出来なかった人でも、手軽に映画を見ることが出来るようになりました。有料の金額はサービスによっても違いがありますが、安ければワンコイン程度からあります。

・映画動画をダウンロード

映画動画をネットで見るだけでなくパソコンにダウンロードしていつでも楽しめるサービスも登場しています。パソコン上でインターネットの中で見ているとそのときに見てしまわなければいけないかもしれませんが、パソコンにダウンロードすれば途中で止めておくこともできますし、いつでも見たいと思ったときに見ることが出来るのでとても便利です。ダウンロードして自分で楽しんでいる人も今増えています。”

 
0

必要な資金集め

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 資金

・映画製作資金の集め方

映画製作には莫大なお金がかかりますが、1つの会社だけで製作資金を用意するということはほとんどなく、協賛という形で出資してくれる会社にも声をかけた上でお金を集めることが多いです。松竹、東宝などが大本としてお金を出して、それに賛同した会社が出資して映画の製作資金を出し合います。また、最近多いのが製作委員会方式です。大本になる会社なしで、複数の出資してくれる会社だけで制作委員会が発足されて権利を享有してお金を出し合うという方法です。

・映画製作費用の内訳

映画製作費用を見ているとハリウッド映画などは何億円もの制作費をかけているといわれている映画もあります。もちろんこの内訳は人件費が大きいのですが、人件費は俳優だけでなく裏方のスタッフの分も含まれますのでかなりの額になります。それに加えて美術費用も必要です。ロケでの撮影だけでなくロケ現場にはないセットを作ることもありますので、その費用がかなりかかります。そして宣伝費もかかります。宣伝費も映画製作にかかるお金のひとつです。

・自主制作なら

ハリウッド映画なら何億円という金額でお金が動いて制作費にもかかりますが、自主制作で映画作成をする際に必要な資金は、10万円でも可能とのことです。どんな映画を撮るのか、どれくらいの時間撮影をするのか、スタッフのギャラなどを考えてすべて自分たちだけで製作をしようと思えば10万円もかけずに映画製作をすることも可能かもしれません。”

 
0

制作の流れ

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 作り方

・映画を企画する

映画製作の流れとして第一段階は企画会議からです。映画をどのような映画にするのか、検討していきます。みんなで話し合ってシナリオを作っていきます。シナリオを作る作業は話を作っていきますからかなり時間もかかりますし頭もかかります。そしてどうすればお客さんにわかりやすく物語を理解してもらえるのか、監督が伝えたいと思っていることを伝えることが出来るのか、それらを話し合います。大体これまでにかかる期間は早くて2ヶ月から3ヶ月、それ以上かかる映画もあります。

・ロケハン、撮影など

実際に映画を取るかもしれないというところを下見に行きます。ロケハンにいくというのですが、カメラで撮影をするときの構図がこの段階で決まります。そして絵コンテの作成につながります。絵コンテではロケハンで実際に行った場所の情報を下にして構図を考えたりしていきます。こちらもかなり時間のかかる作業です。そしていよいよ撮影です。撮影は、もちろん時間がかかりますし思うように撮れなければまた撮影することになります。

・編集作業

撮影が終われば完成ではありません。その後に編集作業が待っています。撮影をした映像を並べたり、カットしたり、映像効果をつけるなど編集作業を行います。そしてうまく編集できれば、実際に試写してみます。ここでまだ手を加えることもありますが、映画を1本作るのにこのような流れで作られています。撮影に数年かけることもあれば数ヶ月で撮影を終える作品もありますので、作品によってもさまざまです。”

 
0

仲間と作る

Posted by oooka on 1月 30, 2014 in 仲間

・自分を表現できる

映画作りはとても楽しいです。自分で自分が伝えたいと思っていることを表現することが出来ます。自分で世の中の人や特定の人に伝えたいことがあっても、表現できない人が多い中で、映画を通じて表現できるということはとても楽しいことです。自分が伝えたいメッセージを伝えることが上手に出来たら、それほどうれしいことはありません。伝えたいメッセージを上手に伝えられるようにすること、それが映画製作を楽しむことの第一歩です。

・多くの人と作るから楽しい

一人で映画製作をすることは出来ません。多くの場合がたくさんの人と一緒に考えて、最初何もない段階からいろいろなことを考えて作品を作り上げていくのです。ですから映画作りをするということは、とても楽しくチームワーク、団結力を感じながら作業をすることが出来ます。

・完成したものを見たときの達成感

チームワークをあわせて自分たちで作った映画を見るときの達成感、これがたまらないといって映画作りにはまってしまう人も多いでしょう。映画を作る楽しみ、そして見る楽しみを感じることが出来るのです。苦労して工夫して作った映画ほど完成したときの達成感はひとしおです。大変だった撮影シーンなども思い出しながら自分たちが作った映画を他のしむのも映画製作を楽しむことの1つです。製作から完成してみることまですべてにおいて、この楽しみを実感できること、それが映画製作の醍醐味といっても過言ではないでしょう。”

Copyright © 2016 映画作りの手順. All Rights Reserved.
映画作りの手順